会則・入会資格・入会のご案内

会則

本会に入会を希望する機関は、次の資格を必要とし、入会の可否については役員会で決定する。
(1)図書室(館)があること(併設も可)
(2)司書または図書室(館)業務を担当する者がいること(兼任も可)
(3)文献の相互利用のためのWeb目録の整備
(4)当ネット内での文献の相互利用のための複写料金を安価に、そして受領方法を簡便にすること
  (切手・郵便振込など)
(5)各事業活動への参加及び協力が可能なこと

 所蔵目録が的確に運営できない機関、年会費の納入が2年間滞った場合は退会の勧告を行い、退会となる場合もある。

入会規則

中国四国九州医学図書室ネットワーク会則

 

第1条 (名称)
  本会は中国四国九州医学図書室ネットワーク(略称中四九ネット)という。
  (以下本会という)
第2条 (所在地)
  本会の所在地は会計勤務先の機関へ置く。
第3条 (目的)
  本会は会員相互の緊密な連携と協力により、「生命を扱う医学知識という情報を提供する」という病院図書室の使命を果たすために、病院図書室の充実と医療情報活動に貢献することを目的とする。
第4条 (組織)
  本会は、第3条の目的に賛同する病院図書室および医療関連施設の図書室等をもって組織する。
第5条 (事業)
  本会は、会の目的を達成するために、次の事業を行う。
  1.雑誌所蔵目録の運営
  2.文献の相互貸借
  3.会報の発行
  4.その他必要と思われる事業
第6条(入会および退会)
  本会に入会を希望する施設は別に定める入会資格を必要とする。
  2 本会の退会を希望する場合はその旨の届出を必要とする
  3 本会を退会する場合は、年度内の2月末までに届出を提出する。それ以降の退会は次年度の会費を納入しなければならない
第7条(義務)
  本会の会員は次に定める義務を負う
   1.会費の納入(会費は年額5,000円とし、年度途中の入退会であっても同額とする)
   2.総会への出席
   3.その他、本会が定めた事業への協力、参加
第8条(役員)
  本会に次の役員をおく。
   会長     1名
   事務局長(会計) 1名
   幹事     数名
   監査     2名
第9条(役員の選出)
  役員は会員の中から選出し、総会で信任を得なければならない。
第10条(役員の任期)
  役員の任期は1年とし会計年度と同じくする。ただし再任を妨げない。
第11条(会議)
  総会は年に1回開催し、本会の最高議決機関とし、活動方針、予算・決算の承認、役員の選出、会則の変更などを行う。臨時総会は必要に応じて

  随時会長が招集する。
2 役員会は会長、事務局長、幹事で組織し会の主要事項を審議する。
第12条(会計)
  本会の経費は、会費、寄付金、事業収入をもって充てる。
  決算に関する書類は、監査を受け、総会の議決を経なければならない。
第13条(会計年度)
  本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第14条(各部の活動)
  本会は事業の円滑な遂行のために必要な部会を置くことができる。
  各部は総会の議決もしくは役員会が必要を認めたとき、設置もしくは廃止できる。各部の部員は役員会の承認を経て、会長が委託する。
第15条(事務局)
  本会の事務局は事務局長が所属する図書室におく。
第16条(改訂および変更)
  本会の会則の改訂、及び変更は、総会において決定する。
第17条(設立年月日)
  本会の設立年月日は平成2年12月1日とする。
【付則】
  本会則は2013年7月27日から施行する。ただし第6条(義務)、第7条(役員)については2014年4月1日から適用する。
【改訂履歴】
一.平成26年6月21日改訂
   第2条(所在地)の追加
   第17条(設立年月日)の追加
二.平成27年6月21日改訂

   第6条(入会および退会)3の追加


入会のご案内

 

目的

 

本会は会員相互の緊密な連携と協力により、「生命を扱う医学知識という情報を提供する」という病院図書室の使命を果たすために、病院図書室の充実と医療情報活動に貢献することを目的とする。

 

活動内容

 

総会(年1回)
文献相互協力
広報誌、ネットだよりの発行
統計作成
情報提供

 

入会資格

 

本ネットワークの趣旨に賛同する中国四国九州地区の医療図書室及び類縁機関施設であれば会員になれます。本ネットワークより一方的に恩恵を受けるだけではなく、会員施設として協力できることが入会の条件となります。
(1)図書室(館)があること(併設も可)
(2)司書および図書室(館)業務を担当する者がいること(兼任も可)
(3)文献の相互利用のためのWeb目録の整備
(4)当ネット内での文献の相互利用のための複写料金を安価に、そして受領方法を簡便にすること
  (切手・郵便振込など)
(5)各事業活動への参加及び協力が可能なこと

 

会費

年間費 5,000円

 

連絡先